レイキ1のプレビュー * 毎日を楽しくする至福のレイキが身につくニューヨークのしんかレイキ、ニューヨーク&東京セミナー
しんかレイキ * HOME  

生徒様ご感想・お客様の声

お申し込み
レイキの魅力
レイキ1-2-3-4、各レベルの詳細
復習+再アチューンメント
レイキ1プレビュー
しんかレイキの特徴
しんかレイキの系統図
ルミエのプロフィール
Q & A

遠隔・対面レイキヒーリングセッション

しんかレイキ認定プラクティショナー



レイキ1プレビュー
レイキの背景
古来から世界中にさまざまなハンズオン・ヒーリングがあり、霊気療法も手当て療法として知られていますが、レイキの非常にユニークなところは、難しい修行が不要で、レイキマスターからアチューンメントを受けると、すぐにヒーリング方法として誰でも使い始められるということです。

そして、レイキの実践を続けていくうちに、レイキエネルギーそのものにガイドされ、常に高次元の宇宙波動と同調し、自然に心の平安に導かれ、今回の人生を精一杯生きるためのサポートになっていくというのも大きな特徴です。

臼井甕男(うすいみかお、1865-1926)先生は悟りを求めて鞍馬山で断食中、強烈な宇宙霊気が脳天を貫き、宇宙即我の悟りを得られ、そのとき霊気による治療能力を体得され、1922年に霊気療法と名づけられました。そして、臼井霊気療法を「人間自体を壮健にし、思想の穏健と人世の愉快を増進」する「宇宙間の霊能に基づく霊気(霊妙の気)の独創療法」として、始められました。

臼井霊気療法は臼井先生の没後海外に渡り、「Reiki - 心身改善のためのヒーリング法」として広まっていきました。1980年代の始めから世界に広まり、1980年代の終わりに西洋式レイキとして日本に逆輸入されました。(カタカナで「レイキ」と表記することが多いのはこのためです。)

レイキヒーリングシステム(霊気療法)は、レイキの波動が受け手自身の生命エネルギーを活性化して、その身体が自然の健康な状態を取り戻すよう促すため、「底から癒す療法」(根本療法)と言われています。

レイキでは、体内に宇宙生命エネルギーが必要なだけ円滑に流れ込み、循環し、流れ出し、不要な停滞した気が解消されていきます。

ページTOP
レイキの基本
レイキヒーリングシステム(霊気療法)とは?
「癒しの実践」を基本とする、幸福に生きるためのツールです。

2つのキーワードの定義

霊気
(レイキエネルギー)
高次元の波動である宇宙生命エネルギー(最も純粋でクリアな光の波動)。
霊気療法
(レイキヒーリングシステム、「レイキ」)
レイキエネルギーによって、すべての生物および物を癒し、浄化、調和し、精神性を高める活用法。
レイキヒーリングの目的とポイント
  • 愛と調和に満ちた純粋な宇宙の波動と響きあう。
  • 本来の姿(光の存在)を思い出す。
  • エネルギーの流れのバランスをとることで、本来の自然で完全な姿を思い出し、回復するよう促す。(心、身体、感情、精神、魂のレベルすべてに作用してバランスを整える。)
  • レイキヒーリングの「能力」について
  • 大変な修行や訓練をすることなく、レイキマスターからアチューンメントを受けることで、誰でもレイキを実践できるようになります。
  • レイキ1でアチューンメントを受けいったんレイキを中継する回路が開いたら、一生この回路が閉じることはありません(実践を続けることでどんどん回路がクリアになります)。
  • レイキエネルギーの回路である状態に慣れてくるにしたがって、次第にクリアになっていき、つまり中継されるレイキの流れが自然に強くなっていきます。
  • 「ヒーリング」について
  • よい結果や「早い」回復を願いながら「念」を送るのはレイキではありません。私たちが何か特別なことをするのではなく、実際にヒーリング効果をもたらすのはレイキエネルギーそのものが常にその時点での受け手の最適な状態に戻るよう促すからであり、受け手自身の身体も、そのときにどのようにレイキを受け取るかを知っています。ただ無心にクリアな媒体としてそこにいることが大切です。このヒーリングの場に「参加」することでプラクティショナーも活性化されます。
  • レイキを愛と調和の実践として淡々と行い、なによりも自分が癒されることに感謝しつつ、霊気・レイキエネルギー(精妙な宇宙の無条件の愛の波動)にお任せしましょう。
  • ページTOP
    アチューンメントについて
    レイキがユニークなのは、どなたでもアチューンメントを受けると自然の宇宙生命エネルギーを中継できるようになることです。
    アチューンメントのプロセス中、マスターはポイントを準備してレイキエネルギーのアシスタントをします。
  • レイキのアチューンメントを受けることで回路が開かれ、自分やほかの人にレイキができるようになり、また体内の生命エネルギーも活性化されます。
  • レイキ1では4回のアチューンメントがあります。
  • 受けるときはメガネや時計をはずして座り、手を下向きに脚に置きます。
  • リラックスして目を閉じ、合図があったら胸の前で合掌します。
  • 自然な程度に背筋を伸ばし、レイキに身を任せます。
  • アチューンメント中に暖かさや安らぎを感じることもあるようです。特に何か感じたら後でマスターに伝えます。

    アチューンメントによってレイキの根源とのつながりができます。レイキの根源とは無限の宇宙生命エネルギーであり、レイキマスターはその自然なつながりを促すための案内役です(マスター個人のエネルギーは使いません)。このプロセスをレイキ・アチューンメント、伝授といいます。

    レイキ・レベル1(レイキ1)のアチューンメントをいったん受けると、レイキを中継できるという状態は一生涯失われることはありません(レベルが進み、また実践していく中で常にクリアになっていきます)。

  • ページTOP
    レイキシステムの全体構成
    伝統的な臼井霊気療法には初伝、奥伝、神秘伝の3段階があり、海外でのレイキもほとんどがこれに対応してレイキ1、レイキ2、マスターティーチャーの3段階になっています(ただし、現在日本で広まっている西洋式レイキは、3段階目とティーチャーを別にする4段階式が多いようです)。

    またアメリカでは、「レイキ3、レベル3」「レイキ4、レベル4」などと呼ぶ代わりに、「Advanced Reiki Training(ART)」と「Reiki Master & Teacher Training(日本でのレベル4に相当)」として、「ART」というレベルでマスターシンボルを使いはじめる場合と、最終段階で初めて習う場合があり、教えるマスターによって異なります。(日本ではレベル3でマスターシンボルを使い始めます。)

    段階 ポイント 焦点
    レイキ1 レイキの回路を開く
  • 肉体的な自己ヒーリング
  • クリアな回路であることに慣れる
  • ハンズオン・レイキの実践
  • レイキ2 3つのシンボルとともに
    レイキの流れを深める
  • 感情面・心理面の自己ヒーリング
  • ハンズオン・レイキの効果も向上
  • 時空を超えたレイキの実践
  • レイキ3 マスターシンボルとともに
    悟りへの基礎を広げる
  • 精神性の向上
  • 純粋さとシェアリングの感覚を深める
  • レイキ4 安らかな境地
  • アチューンメントの方法を学ぶ
  • レイキの本質を理解し清らかな心で伝えていく
  • ページTOP
    レイキの歴史 Part 1 臼井先生について
    西方寺(東京)に建立の「臼井先生功徳之碑」より
    1865年(慶応元年)8月15日、岐阜県山県郡谷合村(現・美山町)で誕生。成人後、欧米や中国に遊学。歴史・医学・宗教・心理学・神仙術など深く究める。

    1922年(大正11年)3月、悟りを求めて鞍馬で断食中、強烈な宇宙霊気が脳天を貫き、宇宙即我の悟りを得る。同時に霊気による治療能力を体得し、霊気療法と名づける。

    「この能力を多くの人に授けたい」と同年4月、東京青山で臼井霊気療法学会を創設し、治療のほか療法の公開伝授を行う。

    1923年9月の関東大震災で多くの傷病者を救済、1925年2月に中野に拡大移転。

    名声は高く、全国からの招聘が多くなる。呉・広島・佐賀を経て、福山の宿で急逝。1926年3月9日没、62歳。

    臼井先生と門下生によって救われた人は、数十万人とも百万人以上ともいわれ、門下生は2千人を超えた。

    臼井先生の伝記と、霊気療法の歴史については、今も不明な点が多く、その理由は:
  • 臼井先生は霊気療法を始めるまで、世の中に名前が知られていなかった。
  • 霊気療法を始めてから亡くなるまでの活動期間が、わずか4年間であった。
  • 霊気療法がアメリカに渡って発展し、Reikiとして世界に普及する中で、多くのフィクション、ストーリーが生まれれました。たとえば、「臼井先生はキリスト教の聖職者だった」、「臼井先生は1800年代中ごろ、京都の同志社大学(キリスト教)で教鞭をとっていた」などのストーリーが作られました。

    今ではこれらのストーリーは、レイキを西洋文化に適応させるために作られたフィクションであったことがわかります。1900年代の中ごろ~後半にかけて、土居裕氏(現代霊気法)、フランクAペッター氏を含む数人のレイキマスターにより、より正確な情報が発見され、もともとの臼井霊気学会が日本でまだ存続していることも確認されました。

    臼井先生は、当時ハンドブックとして使用されていた『臼井霊気療法必携』の中で、「元より我が霊気療法は宇宙間の霊能に基づく霊気の独創療法でありますから、これによってまず人間自体を壮健にし、思想の穏健と人世の愉快を増進するのであります」と述べられています。

    ページTOP
    レイキの歴史 Part 2 臼井先生の後
    林忠次郎(海軍医大佐)は、1925年に神秘伝を許され、東京信濃町で霊気治療所を開業。臼井先生の死後、臼井霊気療法学会を離れ独立するが「林霊気研究会」の名で霊気療法を広める。

    林霊気療法は日本で広まり、13名の指導者が養成された。内2名が女性で知恵夫人と、治療のため来日したハワイ生まれの日系女性・高田はわよにも、神秘伝が与えられた(1938年)。

    高田はわよは、ハワイでレイキ・クリニックを開業。晩年の1976~80年に、22名のレイキ・マスターを養成した(当時のマスター受講料は$10,000)。高田先生の死後、孫娘のフィリス・フルモトがレイキ・アライアンスという団体を設立して継承(1981年)。異なる考え方を持つバーバラ・ウェバー・レイは、別の団体、ラディアンス・テクニークを設立(1982年)。この2つが当時の主要なレイキ団体であった。

    高田先生から伝授を受けたマスターの中で、アイリス・イシクロとその生徒のアーサー・ロバートソンが受講料を低く設定し始め、これが世界でのレイキの普及に貢献し、現在のように独立したマスターたちも多く誕生するようになった。

    日本にも、1980年代の後半に逆上陸。日本で各種の海外式レイキが普及してきたが、まだアメリカや他の国々に比べると、知られていない。伝統霊気も健在で、臼井先生創設の「臼井霊気療法学会」の伝統が、今も継承されている。

    ページTOP
    霊気五戒
    臼井先生は、宇宙の根源の光、愛と調和できるようこのシンプルな五戒を基本とされていました。
    日中、常に心にとどめておくよう五戒を毎日朝と夜、合掌して心に唱えることが勧められています。発霊法の終わりに唱えるのはもちろんのこと、気軽にアファメーションとして活用すると、臼井先生の波動をより身近に感じられるようになります。
    レイキのトリートメント中、頭のポジションのときに心に唱えるのも効果的です。
    霊気五戒
    レイキの背景
    レイキの基本
    アチューンメントについて
    レイキシステムの全体構成
    レイキの歴史 Part 1 臼井先生について
    レイキの歴史 Part 2 臼井先生の後
    霊気五戒
    | しんかレイキの特徴 | レイキの魅力 | レイキの4ステップ | 復習+再アチューンメント |
    | レイキ1プレビュー | 系統図 | プロフィール | お申し込みフォーム | セミナー日程 |
    しんかレイキ * HOME | ページTOP
    . . with peaceful vibration . .
    (C) Lumie Aino + Shinka Reiki @ Salon de Reiki * New York
    Site design by Lumie, special thanks to 700km, Shizen ippaino sozaishu